インドでフェアトレードのお仕事を、、

夏の想いで 、、つれづれなるままに書いてみようと思います。

主人のお盆休みに合わせて、上の娘、あかりが帰ってきました。

本当は今すぐにでもインドに行く~~と言っていたのだけど、とりあえず、お盆だけは、ということで。

彼女はインドでフェアトレードのお仕事がしたいそうで、自分のデザインした服を、現地の人と協力し合って、オーガニックットンの栽培から、布づくり、デザイン、そして、製作までしてゆきたいのだそうです。

しばらく行ったり来たりすることになるかも、、という言葉に、主人はまた例によって心配し始めるも、本人の意思は固く、「People Tree」などの出来上がった団体で働くのではなく、単身、乗り込んで、一人で一から切り開きたいとの話に、もうびっくりする中で、本人はいたって平然としていて、、。

何もツテはないし、いろいろなことをもっと勉強しようと言うことで、私の友人の麻衣子ちゃんのお店「わっか屋」に一緒に行きました。

d0169599_11582701.jpg


そこでは麻衣子ちゃんが地道にフェアトレードの商品をいろいろと置いていて、そこに置いてある衣料品のところにこう書いてありました。

『タイ、インド、ネパールなどの女性が手刺繍や手編みなど、手仕事の技術を大切にしながら、自立を目指し、誇りをもってお仕事をしています。
適正な価格で継続的に購入することで、こどもたちが教育を受けたり、みんなが安心して暮らしていくことにつながるお洋服たちです。』

『家族と暮らす
ごはんを食べる
友達と遊ぶ
街を歩く
ゆっくりお茶を飲む
世界の人々が安心して暮らせますように』

今更ながら、ほんとうにそうだなあ、、と思いました。

d0169599_11582810.jpg



d0169599_11582990.jpg



d0169599_11583069.jpg



「ファスト ファッション」といわれる最新の流行を取り入れ、低価格に抑えた衣料品を買うことで、バングラディシュやインド、タイなどでは、考えられないような低賃金で女性や子どもが働かされている実態。。

そのことを知るにつれ、あかりは、洋服を作ることができなくなったそうです。

そして、いろいろと調べていくうちに、「エシカル ファッション」のことを知り、「オーガニック」「フェアトレード」「リサイクル」など、環境や動物、人に配慮されたものづくりを目指したくなったそうです。

そして、そのことを考えていると、胸から幸せが溢れてくるような感じがして、フェアトレードで洋服づくりをしたいと強く思うようになったのだそうです。

そして、その分野で、なかなか若い世代が着たいデザインが少ないことに着目して、自分は20代~30代の人たちが関心を持ってもらうきっかけづくりを、自分の得意な洋服づくりを通してしようと思う、ということを、熱く語ってくれました。

d0169599_12040596.jpg




d0169599_11583186.jpg

(オーガニックコットンを使ってデザインした服)

本人の想いをいろいろと聴くことができて、本当によかったです。

麻衣子ちゃんや、ご主人の角さんも、いろいろと親身になって、アドヴァイスしてくれました。
そして、二人とも、これだけしっかり考えていたら、だいじょうぶ!と励ましてくれました。

d0169599_11583201.jpg


d0169599_11583372.jpg



まずは、インドの現地で自分の目で肌で感じてやっていくには、そのコミュニケーション方法としての言葉の問題は大きいだろうということで、まずは、語学能力をアップしなくては~ということで、来月からセブ島で、みっちりスパルタ式の語学学校に行く予定にしたみたいです。

主人は相変わらず、その話になると落ち込み気味ですが、、
自分の人生は自分で切り開き、自分なりの道を見出していってほしいと思います。

ヨガの先生や奥様からもたくさんのアドヴァイスをいただきました。
そして、素敵な曲があるのよ~と教えてくれたこの曲!

この曲はあかりも気に入って、口ずさんでは元気をもらうそうです♪

その曲の歌詞の中に

空見れば 星がある
夢見れば 虹が出る
誰も 彼も どんな人も
あたらしい世界をもっている

走っては 休んで
休んでは 休んで
泣いて 笑って 飯食って
あたらしい自分になってゆく


あたらしい世界に飛び込む娘に
いつもエールを送っていきたいな~と思います☆


[PR]
by shantifuji | 2016-08-27 11:49

自然の恵み、暮らしづくりを愉しむ日々のつれづれを綴ります 


by shantifuji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31