仙酔島 江戸風呂体験

次の日は、下の娘は仕事なので、上の娘、あかりと福山、仙酔島に行きました。


平成いろは丸に乗って~♪

d0169599_11024041.jpeg

そこでまず、仙酔島国民宿舎の温泉にゆっくりと浸かり、、

そして、お腹をすかせて、食事をいただきました。

d0169599_11030684.jpeg

これで千五百円なんて~信じられないほど、おいしかったです。

d0169599_11032723.jpeg


そして、次なる江戸風呂に入る前に、腹ごなし~

d0169599_11035272.jpeg

d0169599_11041984.jpeg

d0169599_11044156.jpeg

ゆっくり海岸を歩き、そして、五色岩のところまで歩いて行きました。

d0169599_11050222.jpeg

d0169599_11053281.jpeg

五色岩は世界では50箇所ぐらいあって、日本では唯一ここだけなのだそうです。

青、赤、黄、白、黒の5色の岩があり、太古の昔に地球のマグマが隆起してできた岩だそうです。


そのあたりをゆっくり歩き、そして、江戸風呂に向かいました。


江戸風呂は、江戸時代のお風呂を再現した洞窟蒸し風呂があり、朝の3時から松の薪でしっかりと焚きあげられているそうです。


よもぎと枇杷と海藻の3種類がありました。


そして、娘と何度も入った胎内風呂!!

お母さんのお腹の中の羊水濃度と同じだそうで、海水より濃い塩分濃度に、首まくらをつけて入ると、ぷかぷか浮きます。

それでも腰やお腹、足など、沈むところは調子のよくないところだそうです。

私より娘のほうが沈んでいたので、娘はすこし焦っていました。


そして、ここには世界一大きい露天風呂があります。それは海です!

d0169599_11061531.jpeg


蒸し風呂に入ったあとに、海に入るのですが、これがまた気持ちよくて、何度も何度も入りました。

海に入ったあとは、砂浜をゆっくり歩き、そして、また蒸し風呂や胎内風呂に入るという繰り返しに、身も心もどんどん軽くなってゆきました。


娘は大阪から毎月入りに来る~と言ったほどです。

本当に海に抱かれ、自然を愛でながら、ゆっくり入る江戸風呂は格別に気持ち良かったです。



次回は主人や下の娘も一緒に来たいと思います。。


江戸風呂ばんざい\(^o^)/

[PR]
by shantifuji | 2015-12-04 11:01 | おススメの本、音楽、お店

自然の恵み、暮らしづくりを愉しむ日々のつれづれを綴ります 


by shantifuji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31